2006年10月31日

キーボードがだいぶ傷んできました

 これまで使い込んできた愛用のキーボードがかなり、傷んできました。特製のキーボードカバーを付けて大切に使ってきたのですが、やはり耐用年数とういうのはあるもので、キー入力するときに引っかかってしまうキーがあります。
 僕の愛用しているキーボードは、JIS規格の普通のキーボードではなく、親指シフトキーボードといって、普通のお店では売っていないのです。しかも、富士通が開発したこのキーボードは、根強い愛好者がいます。私もワープロ時代から親指シフトキーボードを愛用していた一人です。
 この親指シフトキーボードだと、日本語を頭の中でローマ字に一旦変換することなく、そのまま美しい日本語でストレスなく打てるというのが、最大の魅力です。
 その愛用してきたキーボードも寿命が来たようです。買い換えようと思っているのですが、これがなかなか市場に出回らないというか、生産量がそんなに多くないのです。限定生産なのでしょうか。富士通側でも、作っても儲からないと思って、生産数を押さえているのでしょうか。開発元の富士通が生産しなくなると、愛用家は困ってしまいます。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月30日

ネットで稼ぐために頑張っていますが…

 ネットで稼ぐために頑張っていますが、なかなか思うように成果が上がりません。やり方が悪いのか、スキルがないのか、ツボを外しているのか、要因は様々だと思いますが、もしかして、すべて当たっているのかもしれません。悉く、外しているのだとしたら、どうしようもない輩ということになります。
 萩本欽ちゃんではないですが、結構、これまでああ勘違いというケースが人生のなかで大いにありました。いまでも、それが直っているとは思えません。本を読みながらでも、DVDを見ながらでも、パソコンをいじっているのですが、結果は全然違うのです。
 どこでどう道を文は踏み外したのか、よく分かりませんが、いずれにしても、やり直しが多くなるため人より余計に時間がかかるのです。そういうことが度重なるとヤケを起こしたり、諦めたりと悪いスパイラルに陥ってしまいます。
 でも、最近再び奮起することにしました。完璧主義は捨てて、とにかく、形は不完全でもいいから、できたということが大事なのだと思うことにしました。「とにかくできた」「とにかく形になった」それを少しずつ、自分の気に入った形に修正を加えていく、そういうやり方でいいのではないかと。
 かつてイメージトレーニングで、取り入れた方法を再度試してみることにしたのです。仕事で忙しすぎて、そういうゆとりを持つこと自体、忘れていました。再び、海外取材へもいきます。プライベートな海外旅行も復活させます。これで、老いてしまっては人生面白くないですから。
 まだまだ、やりたいことが沢山あるのですから。老け込んだ考え方は吹き飛ばしてしまいましょう。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月27日

最近疲れ気味です

 最近疲れ気味です。帰りが遅いということもあります。
 季節の変わり目ということもあるのでしょう。定期物を担当していますので、一月のうち山場といいますか、追い込みの時期というのがあります。
どうも今月は、その追い込みが五月雨式に訪れているために、間断なく息が詰まった状態を余儀なくされているため、そのせいで疲れが取れないのかもしれません。
 仕事のこともそうですが、就寝サイクルを根本的に見直す必要があります。こういう職業だから、長距離通勤が向かないとは一概にはいえませんが、不規則な通勤体系だからこそ、就寝時間を毎日決め、それを徹底的に死守するやり方もあるのではないでしょうか。
 流されてずるずると夜更かし体質が染みついてしまいました。ここで、集中力を高めるためには、やはり生活習慣の改善がどうしても必要だと思います。思い切って、午前零時には必ず就寝する。理由は何があろうと。ネットも切ってしまう。つなぐ場合は早朝にする。ずるずる過ごしてきた感覚があるので、今からでも遅くないので、朝型人間に変身することにしたいと思います。
 夜更かししていいことは何もない。痛感しています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月26日

同郷の方は早起きのようです

 同郷の方のブログを拝見していると、更新する時間がいつも早朝になっています。僕などのように、宵っ張りで、就寝時間が遅く、そのくせボ〜ッとした頭で会社に出勤する長年の悪しき習慣から抜け出せない輩にとっては、非常に憧れてしまいます。
 最初から、こういう生活をしていたわけではありません。いつも12時前には就寝していました。それが、出向から帰ってきて、とてつもなく急ぎの仕事を手探りでやっていたときに、毎晩帰りが遅くなってしまい、土日も出勤する羽目になり、それが常態化してしまったのです。
 また、インターネットでいろいろ調べ物をするようになったことも、夜更かしを助長する要因になってしまったようです。
 そして、さらに追い打ちかけているのが、仕事が以前に較べてきつくなったのと前後して、今まで快適な新幹線通勤から在来線通勤に変わったことです。距離的な時間は在来線では縮めようもありません。新幹線だと1時間弱で通えていたものが、いまでは快速以外だと、必ず2時間はみなければなりません。
 残業が続き、仕事からの帰りが遅くなると、帰宅時間も遅くなってしまいます。遅い夕食を食べ、お風呂に入ったりしていると、すぐ午前零時を回ってしまいます。
 それから、パソコンをインターネットに繋いで、メールチェックしたり、なんやかんやしていたら、あっと言う間に午前2時です。これも半ば常態化してしまい、なんとか改めなければいけないとは日頃から思ってはいるのです。
 生活改善は急務です。通勤手段の違いによって、これだけ変わるんですね。今まで、新幹線通勤は贅沢だとは思いませんでしたが、給料が伸び悩み、賞与がカットされ始め、会社の業績が傾き出してから以降は、やはり贅沢だったんだなぁと実感しています。しみったれた言い方は好きではありませんが、その分、子どもたちのためにしてやれた何かがあったのではないかと思ったりもします。
 住宅ローンに加え、子ども達の教育費もだんだん負担がきつくなって来ています。新幹線通勤復活の芽は、当分ないものと思うしかないでしょう。でも、皮肉なものですね。若くて給料が安いのに新幹線通勤して、本当は給料が少し上がって、多少でも肉体への負担を軽減するために新幹線通勤したくても、できなくなってしまったという現実は。
 世の中は、皮肉なことが満ち満ちています。どうしてでしょうか。努力も一途なだけでは、成功に結びつかないことが多すぎるような気がします。


スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月25日

田舎関連のサイトばかり訪問してます

 最近、田舎在住の方のサイトを集中して訪問しています。東京にいても、田舎にいても同じ情報発信には違いはないのでしょうが、東京にいて田舎の情報を得るには、やはり地場で情報を発信している方のブログやホームページを見るのが、手っとり早いというわけです。
 それにしても、やはり多士済々です。いろんな才能を持った方がおられます。貴重な頭脳や労働が田舎から流出したのですね。それが、日本の活動源にもなったと思えば、国栄えて、地方が衰退するという図式になってしまったのでしょうか。
 確かに、誰もが都会へ都会へと出て行きました。高度成長時代は、だれも何も疑問に思わなかったことが、バブル崩壊とともに、少子高齢化が進み、とてつもなく大きな問題となって、この日本に覆いかぶさってきました。
 日はまた昇るように、日本の将来に何か残していかなければならないと思っています。生まれ故郷を決して捨てたわけではないが、これまで何もして上げられなかった分、人生のうちの何分の一かは恩返しをすべきだと思っています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

隣町にもっと凄い方がいらっしゃいますね

 田舎の隣町に地元では有名な霊峰山の定点観測を兼ねてカメラで映像を配信している方がおられます。大したものですね。さすがに夜は漆黒の闇ですから、電源は切っているようですが、早朝から夕方5時まで、1分毎に映像を更新されています。
 地元では象徴的な山で、晴れた日には頂上から市内が一望できるだけでなく、県庁所在地の市内まで見渡すことができます。
 この映像を配信している方は、おそらくですが定年後に田舎に帰ってこられた方のようです。現役の頃は関東のある企業の研究所に長年勤めていたとプロフィールには書かれています。
 年金生活の方でしょうか? 昨今、定年帰農という言葉が流行っています。定年後は田舎で農業をやりませんか、というものです。この方はどうなのでしょうか。若い頃、サラリーマンをやられていたのですから、率直に言って長男ではないでしょう。それでも、田舎に戻って、家を建てて住むいうのはそこそこの資力がないと難しいでしょう。借家というのではないでしょう。僕の田舎町よりさらに山の麓に行ったところですから、冬場の豪雪は半端ではありません。豪雪に耐える仕様の家なのでしょう。ベランダに据えつけたカメラには、晴天に映える山肌がくっきりと映っています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月24日

田舎で立ち上げようとしているNPO法人のホームページにエントリー者が

 現在、田舎で申請中というNPO法人のホームページに、エントリーした方々が紹介されていました。小・中学校の同級生・同期生がいるのではないかなと思いつつ、眺めていましたが、いませんでした。残念です。
 いればいたで懐かしさが多少は込み上げて来るのでしょうが。エントリーは=会員というわけではないようです。ネットで情報を発信している方々は、こういう情報にも敏感なのでしょう。
 エントリー者の住所地も様々です。生まれ故郷のことを少しでも知りたい、関わりを持っていたいという想いなのでしょうか。
 会員が増えるといいです。イッチョウ、エントリーしてみますかね。でも、みなさん様々なブログやホームページを持っていらっしゃいますね。拝見するのが楽しみです。
 同郷のフォーラムを立ち上げた方は、幾つものブログやホームページを運営されていて、結構大変なではないかと思ってしまいますが、ご本人は全然平気なようです。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

田舎の歴史を再認識すると同時に今住んでいるところの歴史も多少は知らないといけないですね

 田舎の歴史について小さいころ、祖母や郷土の老人たちから聞いた記憶があります。城下町だったということで、何やら誇らしげな気分になったことを思い出します。
 一方、今住んでいるところも、かつては名のあった旧中山道界隈だったのです。いまでも旧本陣後や旧家を忍ばせる家並みが若干ですが、残っています。休日になると旧跡を訪ね歩いている年配の方を見かけます。
 私ももう少し田舎の歴史だけではなく、今現在住んでいるところの歴史も勉強しなければならないと感じています。仕事で忙しいですが、郷土資料館というのが、どこにもあるはずですから、探して覗いてみたいと思います。
 もし、記憶が正しければ現在住んでいるところの近くにお城があったように思います。そして、そばを流れる川からは物資を運んでいた、とものの本で読んだことがあるような気がします。自分の記憶が錯綜していなければですが。
 そういう故事来歴に多少興味があるほうなので、何か貴重なことが書いてある資料類はこまめに集めておくのですが、整理が下手なのでどこかにしまったか結局分からなくなってしまいます。
 必要なものが多すぎて、そのため心から去らないように視界に映るようにしているのですが、部屋の狭さにはかなわないようです。いずれ、徹底的に整理しないといけないようです。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月23日

高校の同窓生のホームページが開きません

 昨日から、高校の同窓生用のホームページが開かなくなっています。メンテナンスでもしているのでしょうか。それほど書き込みがあるわけではないのですが、管理人にも含むところがあって、手直ししているのかもしれません。
 同窓会のホームページよりもみたかったのが、そこに貼られているリンクです。田舎で情報発信している方々のリンクを辿りたかったのですが、肝心の同窓生のホームページが開かないことには、見つけようがないのです。
 タイトルもどういう方が開設していたのか、すっかり記憶の中から飛んでしまったものですから。
 こういうときにブックマークしておくんですね。でも、お気に入りが増えすぎて、すぐに探せなくなってしまいました。こういうときに便利な探し方があるのでしょうね。きっと。僕が知らないだけなのかもしれません。
 ここ数日は雨模様だということです。一雨毎に寒くなっていくのでしょうね。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ネットでお金儲けするための仕込みには根気が要ります

 昨日、一昨日と極力外出を控え、ずっとパソコンに向かっていましたが、なかなか能率は上がらないものです。途中で、眠くなってきたり、ご飯を食べたり、お酒を飲んだりしていたら、あっというには日曜日に突入していした。
 何せ、書いたものと首っ引きで、パソコンに向かっているものですから、チャッチャカチャッチャカとはいかないのです。もどかしいですが、これが現実です。ネットで収入を得ようとすると避けて通れない、スキル上の問題に直面してしまいます。
 方や同郷の方のブログ、ホームページは出来がいいですね。年季も入っているようです。教えを乞うて見るべきかなとも思っています。
 今日、明日はあいにくの雨模様のようです。季節はだんだん寒くなっていきます。今年も後2月余となっていますが、とにかく、仕込むには時間がかかりますので、根気強く、辛抱強く取り組むしかないと思っています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月22日

同郷の方はどのくらいの頻度で田舎に帰っているのでしょうか?

 同郷の方のブログを拝見すると、非常に精力的に田舎と都心を往復されていることがわかります。都心の方は、おそらく居を構えている地域の近くだと思います。それにしても、デジカメを駆使して、さまざまな写真をアップロードしています。写真でみる故郷というのもいいかもしれません。
 ネットワークづくりのために奔走しているのですから、必ずや賛同してくれる方々が現れると思います。会員制のNPO法人ですが、ちょっと会費が高いようなきがします。いくらが妥当なのか、明確にはできませんが、有志や志のある方々がやるのですから、できればもう少し、敷居を低くしていただければと思ったりもします。
 逐一、ホームページやブログを拝見して、多少なりとも支援させていただければとは思っております。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 05:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月20日

同郷の方は早朝にブログを更新されているようです

 同郷の方は、いつブログを更新されているのか、気になってちょくちょく覗いていましたが、大体早朝のようですね。
 ネットをやっている人は大体夜型の人が多いようですが、朝方の人も少なくないようです。
 本日のブログに、NPO法人申請中とハッキリ明示されています。審査が通るのにどのくらいかかるのか分かりませんが、早く通るといいですね。
 この方の故郷を見る眼はいつも暖かいです。離れていても、絶えず注いでいるといった感じです。おそらく、子どもたちは都会に根付いてしまったと思うのですが、自分は生まれ育った故郷を忘れられない。三つ子の魂百までもです。
 でも、親だけ田舎にいるというのは、全国に共通していえることだと思います。子どもたちは、都会に親を引き取りたい、でも、親は生まれ育った地元を生涯離れたくない。
 高度成長、一極集中化のなかで、日本が形作ってしまった構造です。過疎は一向に解消されず、所得格差は開き、下手したら市や町はアメリカのように消えてしまう。これでいいはずはないんですが…。政治家も公務員もどうする術を持たないんですね。でも、無為無策で時間ばかりやり過ごすと、後々問題は肥大化してしまうんですね。そして、手遅れ、手の施しようがないくらい悪化しているということが往々にしてあります。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月19日

同郷の方のブログにへんな書き込みがされているようですが

 同郷の方のブログに、記事とは全然関係ない、記事が投稿されています。
 それについて、その方は何もコメントされていませんが、とても迷惑なことですね。
 僕はあまり知らないのですが、よくあることなのでしょうか。故郷のことをリアルタイムで知らせてくれる、ブログなのですが。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

同郷の方のブログ日々コンテンツが充実していますね

 同郷の方のブログですが、日々充実されています。ホームページに限らず、様々なやり方に挑戦されているようです。
 ホームページビルダーで制作したり、MTで制作したり、XOOPSで制作したりと、一つのブログやウェブではなく、幾つも運営されているようです。
 本業もあると思いますが、さらに、生まれ故郷の活性化に役立てようと、NPO法人を立ち上げ、そのホームページも作って運営しようとしています。いや、もう運営しています。八面六臂の活躍です。勤め人だと、時間的な制約があって、この方のような大車輪の活躍は難しいでしょう。
 この方も生まれ故郷との関係を生涯持ち続けたいという想いがあるようです。もちろん、それだけではなく、生まれ故郷に恩返しをしたいという、何がしかの役に立ちたいという切実な想いがあるようです。


スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

はじめは新幹線通勤は身分不相応だと思っていました

 人間は慣れてくると、神経がマヒしてくるものですね。転職と結婚を気に、東京での暮らしから、北関東に居を移したものの、果たして会社に通えるのだろうかと、思わなかったことはありませんでした。
 独身時代に暮らしたアパートへ、鍵の引き渡しと、ポストに入っていた郵便物を取りにいったとき、往復に新幹線を使ったのですが、当時でも交通費が結構高いものだなと、正直思いました。
 それでも何とか蓄えがありましたので、それを取り崩してでも、通えるのではないかと安易に思いました。
 やはり、長くは続きませんでした。いや長く続いたのでしょうか。12〜3年は新幹線で通えたのですから。考えてみたら、新幹線で通っても持ち出すばかりで、何も残らなかったのです。貯蓄にも回りませんでした。見栄をはるだけのことでしかなかったのです。
 上の子どもが中学生になり、教育費が日増しに重くなってきたのです。給料は上がらず、賞与は雀の涙、会社は赤字に転落。どうしても、会社の給料だけで生活していく時代ではなくなったようで、そのために様々な自衛業の方法を模索しているのです。
 それで、余力があったら再び、新幹線で通勤できたらと思っていますが。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

はじめは新幹線通勤は身分不相応だと思っていました

 人間は慣れてくると、神経がマヒしてくるものですね。転職と結婚を気に、東京での暮らしから、北関東に居を移したものの、果たして会社に通えるのだろうかと、思わなかったことはありませんでした。
 独身時代に暮らしたアパートへ、鍵の引き渡しと、ポストに入っていた郵便物を取りにいったとき、往復に新幹線を使ったのですが、当時でも交通費が結構高いものだなと、正直思いました。
 それでも何とか蓄えがありましたので、それを取り崩してでも、通えるのではないかと安易に思いました。
 やはり、長くは続きませんでした。いや長く続いたのでしょうか。12〜3年は新幹線で通えたのですから。考えてみたら、新幹線で通っても持ち出すばかりで、何も残らなかったのです。貯蓄にも回りませんでした。見栄をはるだけのことでしかなかったのです。
 上の子どもが中学生になり、教育費が日増しに重くなってきたのです。給料とは上がらず、賞与は雀の涙、会社は赤字に転落。どうしても、会社の給料だけで生活していく時代ではなくなったようで、そのために様々な自衛業の方法を模索しているのです。
 それで、余力があったら再び、新幹線で通勤できたらと思っていますが。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

必ず復活することを目指します

 今年の総括をするには少し早すぎる気がしますが、時間はあるようで、本当はないんですね。ネットで稼ぐつもりであれこれ、手を出そうとして止めたり、実際に手を出してはみたものの、後が続かなかったり、諦めてしまったりと、根性なしになってしまったような感じです。
 集中力だけの問題ではないような気もします。若い頃、通勤に新幹線を使っていました。会社が負担するのは通常の在来線のみでしたから、半分以上は持ち出しになっていました。
 それでも、上の子どもが生まれに前からですから、かれこれ12〜3年以上新幹線で通っていたことになります。贅沢といえば贅沢です。それでも、十分に給料の範囲内で賄えたのですから、そこそこの給料をもらっていたのでしょう。
 それが、国の制度改革に伴い、会社の業績は悪化の一途を辿り、赤字に転落してしまいました。もちろん、給料は実質カット、賞与もカットです。当然、新幹線通勤できる環境ではなくなりました。40代後半になってから初めて体験する在来線通勤。もう1年半以上になります。慣れたとまではいきませんが、なんとか通っています。冬は寒く夏は暑い、やはり新幹線の車内とはだいぶ違う環境です。乗っている時間も、各駅停車で約2時間、通勤快速で1時間30分と、新幹線の1.5倍から2倍の時間がかかっています。
 このままで終わりたくないので、復活を目指して頑張ります。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月18日

同郷の方はとてもパワフルです

 同郷の方は、ブログだけではなくホームページや掲示板も作られていて、とてもパワフルな活動をされています。
 
 どこから、こんなパワーが出てくるのでしょうか。とても不思議です。年齢的には50代半ばと推察されますが、やることがとても活動的なのに驚かされます。
 
 その後、NPO法人の申請が通ったのかどうかは、NPOフォーラムにも書かれていませんが、とにかく様々な活動を通して、田舎を活性化させたい、文化的な活動を通して田舎の知名度を高めたいという意欲がひしひしと伝わってきます。
 
 現在、会員を募集しています。非営利特定法人ではありますが、全く財源の裏打ちのないところでは活動できませんから、活動基盤はどうしても欠かせないところです。僕も余力があれば協力したいところですが、なんせ非常に厳しい懐事情なので、陰ながらという協力しかできないのが、歯がゆいところです。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月17日

田舎の情報がリアルタイムで伝わってくる感じです

 同郷の方のブログやホームページを拝見していると、本当にリアルタイムで田舎のことが分かるので、非常に重宝しています。感心している場合ではありませんが、この方の寂れる一方の故郷に対する、熱い思い入れには頭が下がります。

 しかも、NPO法人まで作って、かつて賑わいを見せた故郷の町を再びよみがえらせたいという行動力。この人は大した方だと思わざるをえません。
全国の至る所で、少子高齢化が進む中、故郷も例外ではありません。

 中学校は現在、各学年とも2クラスで、1クラス20名弱とのことです。僕らが中学生の頃は1クラス40名、それが4クラスあったことを思えば、隔世の感があります。これが、現実なのかとやはりどうしても信じたくなくなります。
 子どもの数は急激には増えないでしょうが、このままいくと、本当に過疎の町はジリ貧状態、立ち行かなくなります。

 そこで、この方は立ち上がったのです。NPO法人を設立し、町の活性化にすこしでも役立てばとの想いから。将来はこの方のように、町の活性化に多少なりとも、役に立てるようになりたいと、最近頓に思うようになりました。まだまだ、子育ての真っ最中で、住宅ローンもかなりの金額が残っていますが、それでもなんとか、実現に向けて張りたいと思っています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月16日

休日も結構忙しいです

休日にまとめて雑用を片づけようと決めていましたが、なかなか思うようにはいきません。どっぷり、ネット稼業に精を出そうとも考えていましたが、結局思惑通りにはいきませんでした。

先週の土曜日は、2カ月に一度、定期検診を受けている医院への通院の日になっていました。予約を入れてあったことは手帳を見てわかっていましたが、貴重な土曜日を丸々潰してしまうことに、ちょっぴり残念な気持ちにもなりました。

何せ、待ち時間1時間、診療時間2〜3分の大病院なものですから、貴重な休日の土曜日が殆ど有意義なものではなくなってしまうのです。病院内だけの話ではなく、通院に要する時間も半端ではないのです。片道、2時間もかかるのです。老人ではありませんが、1日がかりなのです。平日、これをやってしまうと、仕事に影響がでます。

ですから、土曜日に通院しているのですが、貴重な休日の過ごし方としては内心忸怩たる想いがないわけではないのです。自分の体のことですから、定期的に通院し、メンテナンスしておかないといけないわけですが…、致し方ないとはいえ、休日をフルに活用しようと思っていた矢先のことだけに、出鼻を挫かれた格好になってしまいました。それが、この前のウイークエンドに対して不満を持つ理由にもなっています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。