2007年10月16日

花田勝と沢尻エリカとクローズドノートと箱根温泉

 13年間の結婚生活を経て離婚した花田勝。3代目若乃花ですね。弟の貴乃花といい、花田家は波乱に富んだ家系と言えますね。叔父の初代若乃花は青森県の豪農に生まれたものの、破産。一家で北海道へ渡ったところで、巡業中の親方の目に止まり、相撲の世界へ。若い頃、近くでみたことがあるけど、極端に体格に恵まれてはいなかったです。年上の奥さんでしたが、花田勝の猛アタックの末の結婚だったと聞いています。子どもを4人も設けながら離婚ですか。人生とはわかりません。不倫が原因のようです。女子大生との。それ以外にも女性にはマメなようで、移り気の激しいのは花田家の専売特許でしょうか。
 
 若花田は3代目の若乃花です。親父の背中をみて育ったから、相撲取りになることは刷り込まれていたのでしょう。でも、父親の貴乃花は病床の身で離婚を切り出されるという晩年はかわいそうでしたね。一家バラバラ、兄弟はいがみ合う、この一族はどうなってしまったのでしょうか。

 不遜な受け答えでバッシングの嵐が止まない沢尻エリカ。一応タレントなのだから、客商売を考えないと。時と場所、TPOをわきまえないと芸能界は生きていけないでしょう。映画のクローズド・ノートの評判はあまり聞かないが、沢尻エリカのゴーマンかました態度が映画の興業に影響を与えるのか注目されます。
 
 暑い暑いと言っていたのに、もう秋です。鍋も突つきたい頃になりました。鍋もいいですが、身も心もあったまるにはやはり温泉に限ります。箱根、熱海、草津が人気のようです。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 18:28 | Comment(1) | TrackBack(1) | 芸能社会

2007年10月04日

沢尻エリカと田中美奈子と風林火山とドリカム

 芸能人は客商売。サービス業なんだね。結局は。確かに、芸術性を売りものにする場合もあるけど、所詮は判断するのは人間。観客なんだね。それを無視したような突っ張った態度を取ること事態、芸能人、タレントのやることではない。やるにしても、キャラの確立していない小娘ごときが10年早いことをやってはいかんな。

 早速、パッシングの嵐に遭っている。謝罪しているようだが、下手したら芸能界にいられなくなるぞ。長澤まさみといい、二十歳そこそこで、天狗になる芸能界ってやはりおかしな世界ですな。浮き沈みの激しい世界とは聞いているが、少しくらい売れたからって、何故か勘違いする輩が多い。

 田中美奈子って、まだ結婚していなかったんですね。知らなかった。四十路になっていました。

 風林火山の一話延長が決定したんですね。視聴率が高いんですね。冗漫なセリフが多いときと極端に少ないときがありますが、少ないときのほうが締まりますね。山本勘助は江戸時代の歌舞伎の世界でも人気が高かったとききます。軍師ですから、人間的にも魅力があったんでしょう。
 
 ドリカムの吉田美和って、結婚していたの初めて知りました。でも、旦那さんが急逝されたのには驚きました。電車の中吊りをみて初めて知りました。お悔やみ申し上げます。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。