2007年11月20日

最新の親指シフトキーボードの値段をみて驚いた

 常日頃から、マックとウインドウズで愛用している親指シフトキーボード。昨年はウインドウズ用の親指シフトキーボードを買い替えました。結構、懐は痛みましたが、背に腹は換えられません。富士通さんはそれまで、値段を据え置いてくれていたのでしょうが、この前、みたら何と3万円代(FMV−KB613)になっているではないですか。

 これには驚きました。親指シフターは絶滅してしまいます。せめて価格据え置きでお願いしたかったのですが、富士通側にも事情があったのでしょうか。

 マック用ではリュウドが既に親指シフトキーボードから撤退しています。ますます、親指シフターの肩身が狭くなります。絶滅危惧種の道をひたすら歩んでいくしかないのでしょうか。キーボードにも寿命がありますから、びくびくしながら、打鍵しなければならないのでしょうか。ただでさえ親指シフトキーボードは使い込みますからね。それにしても、高すぎる〜。何とかしてくれよ、富士通さん。

 この前は、購入してまだ3年目の富士通製のデスクトップがいかれてしまいました。ホームサーバー内蔵で、当時、無理して高いのを買ったんですが、初心者は背伸びしないことですね。使い方さえ判らず、無用の長物でした。今度はシンプルで長持ちするのをと考えています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。