2008年11月10日

今月はねんきん月間なのご存じでしたか?

 今月が、いわゆるねんきん月間なのをご存じですか。社会保険庁では毎年、11月を「ねんきん月間」として、年金相談の充実、国民年金保険料の案内など各種取組みを実施していますが、昨年から毎年11月第1週(今年は11月1〜7日)を「年金記録を確認する週間」と定め、年金記録問題への反省に立って、年金記録を確かなものにするために、社会保険庁が自ら点検するとともに、国民にも積極的に記録確認を呼びかけ、充実した年金相談に取り組んでいくことにしています。
 そりゃ〜そうですよね。これだけ消えた年金記録問題で、国民に多大な迷惑を掛けたわけですから、休日返上で安心・安全な年金にしてもらいたいものです。年金不信を自ら招いた責任はとても重大です。100年安心なんて言っていた輩もいましたが、どこを見て何を見て、そんな戯言を言ったのでしょか。
 さて、今年のねんきん月間の中身ですが、全国の社会保険事務所や年金相談センターにおいては、平日の受付時間の延長や休日の年金相談では、すべての土曜日、日曜日も午前9時30分から午後4時まで実施することになっています。
 今月の電話による相談では、ねんきんダイヤル(0570−05−1165)は毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌火曜日)午後7時まで受付時間を延長することになっています。そのほか、平日は午後5時15分までです。また、8日(土)、9日(日)、22日(土)、23日(日)も午前9時30分から午後4時まで受け付けます。
「ねんきん特別便専用ダイヤル(0570−058−555)については、平日午前9時から午後8時まで、土・日は午前9時から午後5時まで受け付けることになっています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:59 | Comment(28) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月05日

今度はねんきん定期便のお話です

 消えた年金記録を国民に確認してもらおうと発送されていたねんきん特別便ですが、先月、10月22日で予定していた発送を全て終了しました。
 そしたら、今度はねんきん定期便です。もともと、平成16年の年金制度改正で導入することが決定されていたものです。このねんきん定期便の内容は、保険料の納付実績や年金の見込額など年金に関する個人情報を分かりやすく通知することを目的とされています。
 ただ、具体的な様式はまだ決まっていなかったので、社会保険庁では、10月29日から11月17日まで「ねんきん定期便」の様式に関する意見を募集しています。官製の様式ではなく、痒いところに手の届く内容の様式にしてほしいですね。

 このねんきん定期便は、国民年金、厚生年金の被保険者で、平成21年4月から毎年誕生月に送付されることになっています。通知内容は、平成21年度においては、@年金加入期間(加入月数、保険料の納付済み月数等)、A50歳未満は加入実績に応じた年金見込額、50歳以上は「ねんきん定期便」作成時点の加入制度に引き続き加入した場合の将来見込額(全額停止中も含めて既に年金受給中の人には年金通知額は通知されない)、B保険料の納付額(被保険者負担分累計)、C年金加入履歴(加入制度、事業所名称、被保険者資格取得・喪失年月日等)、D厚生年金のすべての期間の月ごとの標準報酬月額・賞与額、保険料納付額、E国民年金のすべての期間の月ごとの保険料納付状況(納付、未納、免除等の別)。
 平成22年度以降は、上記@〜Bについては更新して実施。上記D、Eについては直近1年分を通知する。35歳、45歳、58歳のいわゆる節目年齢時には21年度と同様の内容を更新して通知することになるとしています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。