2011年04月26日

第3回社保審第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会が開催される(4月19日)

厚生労働省は4月19日、第3回社会保障審議会第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会(部会長・本田勝彦・日本たばこ産業相談役)を開催し、第3号被保険者不整合記録問題対策に関する論点について議論を進めた。主な論点と意見は次のとおり。

@3号不整合期間についてカラ期間+特別追納という措置にするか:「本人にも責任があるが制度的な責任もある」として、1号未納期間の特例納付を認め、追納しない期間はカラ期間とする抜本改善策の方向性を指示する意見が多かったが、「安易にカラ期間を設ければ、将来何か別の問題が発生した際に、また同じように対応せざるを得なくなる」(海辺委員)と慎重な意見もあった。また、山崎部会長代理は新たにカラ期間などを設けなくても25年の受給資格期間を10年に短縮すればすべて解決すると指摘し、3号不整合期間の特例として対応するのではなく、一般的な無年金・低年金対策として対処してはどうかと提案した。仮に受給資格期間を10年に短縮すれば、参議院で審議中の年金確保支援法における10年後納の規定と合わせて受給権確保が可能になる。この提案に対し岩村委員は「25年を短縮する方向性には賛成だか、この3号問題だけの議論で決めるには財政的な影響が大きすぎる。年金制度全体を通した議論が必要ではないか」と意見した。

A過去に支払われた年金の返還を求めるか:受給者への過払い分に関しては、「返還を求める」という意見でおおむね一致したが、どこまで求めるかなどで意見が分かれた。岩村委員は返還を求める事例が同時に多数発生することから、実務上の問題や返還にかかるコストを勘案し、「内払調整で対応できる範囲内で返還を求めるのが現実的だ」と指摘。費用対効果を横にらみに、必ずしも全ての返還を求めなくてもいいと主張した。一方、大山委員などからは、「過払い相当分の返還を求めるのではなく、今後支給される年金から未納保険料相当額を差し引いてはどうか」といった意見が出されたが、受給者の年金から保険料を天引きすることが論理的・技術的に可能なのか、当局が次回会合までに検討することになった。

B将来の年金額を減額するか:将来の年金額に関しては、「若い世代の年金に対する不信を強めてはいけない」とする意見が多かった。しかし、岩村委員は「多くの減額事例が発生し、多くの受給者が訴訟に持ち込む可能性がある」ことを懸念。「個々の事例ごとに当局が争わなければならず、膨大なコストがかかる」として、減額はしないほうがいいと主張した。

C3号不整合記録を訂正した者、D運用3号の取り扱いを受けた者について特例措置を適用するか:すでに不整合記録を訂正した者に対する特例措置の適用については、「まじめに訂正した者が救われないのは不公平」として同様の適用を求める意見と、「3号不整合期間がある者のみ特別扱いするべきではない」とで意見が分かれた。
運用3号の取り扱いに関しては、「国民的な感情からすれば運用3号の取り扱いを残すのは違和感がある」(本田部会長)として、通知の下でなされた裁定であっても取り消し、特例措置を適用すべきとする意見が多かったが、岩村委員は「行政が正面切って運用3号の取り扱いを実施した以上、後になって『やっぱりやめたから年金を返せ』というのは難しい」と強調。この件に関しては過去に判例から行政が敗訴する可能性もあるとして、不公平であっても運用3号の取り扱いを受けた者は変更すべきではないと主張した。

Eその他の論点:特例追納における保険料額の水準や分割納付の期間に関して、年金確保支援法の後納制度と同じ水準にすべきとする意見が出された。障害・遺族年金の受給権への影響に関しては、「慎重な対応が必要」であるとして、受給権の保護を求める意見が多かった。不整合記録の訂正により受給権が失われる障害者については、福祉的観点から特別給付金を支給することも提案された。将来に向けた再発防止策としては、健康保険組合に情報提供を求めるほか、税と社会保障の共通番号制の導入を急ぐべきとの意見もあった。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 15:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会問題
この記事へのコメント

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://v7-uvvn.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年07月30日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197838786

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。