2007年03月22日

従軍慰安婦と西武ライオンズと金属窃盗と松岡利勝

何故か今、アメリカでは従軍慰安婦問題がボッ発した。反日団体の画策によるものだというが、煽られて担がれているのが日系の政治屋さんだという。まったく、何を考えているのか。保身のためか。その前にやることがあるだろう。アメリカ議会で、原爆投下とその惨状をヤンキーに知らしめることが、出自である日系人としての職責なのではないか。いや、かの国にいるのは顔は日系人であっても、考え方や生活習慣はネイチャーのアメリカ人なのだろう。
しかし、今頃煽っている当たり、北朝鮮の罠がそこかしこに見え隠れするようだ。反日ではどうしても煽っておきたいのだろう。すねもの国家、中国と北朝鮮がやりそうなことだ。
西武ライオンズの裏金問題。一時の巨人のようなことをやっている。堤さんがオーナーをしていた頃の常勝チームであり続けるには、どうしても有望株を押さえておきたかったのだろう。が西部も上から下までダーティだったということか。堤から傘下の球団まで。どこまで明らかになるかはわからないが、口裏合わせまでやっていたという。相当根が深いし、悪質だという第一印象がある。
いくら希少金属の国際価格が高騰しているからといって、公園の滑り台や道路の側溝に蓋している金属蓋まで持っていくのは盗人の風上にもおけないのではないか。あらかたは、中国へ持っていかれるのだろう。中国の国際資源アサリがなりふり構わずの様相を呈してきた。中国のえらい方がロシアを訪問するという。石油資源を確保しにいくのだろう。国内では暴動と不合理と汚職が蔓延している中国。北京オリンピック後には、空恐ろしいことが待っているような気がする。
ダーティなイメージがウリ?の松岡利勝。利権には聡く、道路族かと思えば牛肉問題など農水関係でも幅を聞かせている族議員だ。安倍が間違って入閣させてしまった。歩くスキャンダル男を大臣に任命してしまった。それこそ、身体検査などしないで任命してしまった。後には引けない安倍。説明もしないでただ同然の事務諸費をフトコロに入れてしまった。その金はどこへ行ったのか。金に汚い政治屋がこれほど多いとは。日本は本当に民主国家なのか。社会主義国家ではないのか。中国や北朝鮮を笑えないかも。人権問題で拉致問題を世界に向けてアピールしているが、政治屋のやっている不透明なマツリゴトでは、一向に埒(らち)が空かないのではないか。
安倍に政権を渡してしまったのは間違いではなかったのか。小泉がやったことは、政治のワイドショーだ。ハゲタカ外資に身も心も何の躊躇もなく売れる、小泉、竹平(竹中平蔵)コンビが美しい日本をおかしくしてしまった。小泉と竹中を証人喚問してほしい。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36561106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。