2006年11月20日

続−NPO法人が晴れて認証されました

 同郷の方のブログによりますと、田舎の町を活性化させるために立ち上げたNPO法人が正式に認証されたそうです。
 その認証といいますか証書はNPO法人の住所地ではなく、東京のその方の住所に送ってもらったのだそうです。
 その方のボイスブログでも語っていましたが、お役所がスピーディーに仕事を片づけてくれるのは、とても気持ちがいいと。しかも、速達で送ってほしいと同郷の方はお願いしたそうですが、それも快く引き受けてくれたそうです。
 それにしても、同郷の方がNPO法人を設立するに当たって、結構、大変な労力を費やされたのは事実のようです。東京の内閣府に直接出向いて、NPO法人とはどういうものなのか、説明を受けたり、他にも資料を取り寄せて勉強したりと、大変だったようです。何でも、NPO法人を設立しようと思い立ったのは、今年の8月か9月ごろだったと言ってます。
 それにしては、本当に実際の設立まで短期間だったのではないかと思います。同郷の方の精力的でバイタリティーあふれる活動があったからこそ、なし得たのではないかと思います。
 ともあれ、本格的な運営はこれからだと思います。


スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月19日

同郷の方のブログによると、NPO法人が認証されたようです

 同郷の方のブログによると、NPO法人が認証されたとのことです。
 よかったですね。
 母体は作りましたから、後は実質的な運営に乗り出すとのことです。会員も必要ですし、なによりも、成果といいますか実績を一つずつ作り上げていくことが求められると思います。
 

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月17日

今年も後一月と2週間弱になりました

 今年もあっと言う間に過ぎていくのでしょうか。とはいうものの、やることは沢山ありますし、やらねばならないことも山盛りです。仕事はギリギリまで、頑張らないと年内刊行は難しい状況になりそうです。
 修正に次ぐ、修正で原型を止めないのは常態化しています。内心、本当にこれでいいのだろうかと思っています。でも、サラリーマン、勤め人は耐えて仕事をするしかないのです。
 ストレスが溜まります。
 でも、勤め人から自衛業者へと華麗なる?転身を図ることが当面の僕の密やかな目標なのです。とにかく、大きいことはできないですが、小さいことからコツコツやりましょう。土日も疎かにはできません。継続は力なりです。最終的にコツコツ人間がとても大きな成果を出しているんですね。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月16日

親指シフトキーボードが入荷したとのメールが入りました

 南青山にある富士通専門店に、親指シフトキーボードを注文しました。この度は数量限定での入荷とのことで、最後の注文者となりましたが、そのお店から親指シフトキーボードが入荷したとのメールが入りました。
 待ちに待った入荷です。ワープロ時代はオアシスの親指シフトキーワードでしたが、その後、会社で一斉にパソコンを入れた時、ウィンドウズ98でしたが、その時から親指シフトキーボードを使っていました。
 相当使い込みましたので、勤続疲労がでてきたのでしょう。秋葉原に富士通の展示オフィスがあったときは、直接行って買えたのですが…。今は現物をおいているところがなくなりました。
 南青山のお店には、今回限定入荷ということですから、富士通のほうでもあまり生産しなくなったのでしょうか。困りますね。親指でしか文字入力ができない僕としては、パソコン教室などへ行って、いきなりJIS規格のキーボードを目の前にしてしまうと、瞬く間にパソコン初心者になったように、動揺してしまいます。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

同郷の方のブログに卒業した小学校・中学校の校歌の製作者のことが書いてありました

 同郷の方のブログに、僕がウン十年前に卒業した小学校・中学校の校歌の製作者の回顧展が開催されている旨のことが書いてありました。
 特にといいますか、全く意識したことはなかったのですが、僕が卒業した小学校の校歌は、県内では名歌に入ることで有名でした。その校歌を製作された方の回顧展が東京芸術大学コレクションのなかから展示されるとのことです。
 おそらく、同郷の方のブログで紹介されなかったら、ずっと小学校の校歌は名歌だったけど、だれが作詩・作曲したのか意に止めることなく過ぎていったことでしょう。
 同郷の方のブログのおかげで、改めてどういう経歴のどういう方だったのか、知ることができました。本当に、田舎のことを何も知らなかったのだ、あらためて思い知りました。
 上野の美術館へ是非行ってみたいと思います。その人の回顧展とは、斎藤佳三氏のことです。小学校の校歌はそれこそ、躍動感あふれる、情景あふれる名歌となっています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月15日

同郷の方のブログ、音声による配信が多くなっています

 同郷の方のブログですが、最近頓に音声による配信が多くなっているようです。書く作業と喋る作業とでは、どっちが重労働なのかと問われたら、返答に窮してしまいます。
 書く作業も大変ですが、喋る作業も同じか、書く作業にプラスアルファが付くかもしれません。喋るためには、いい原稿を作っておく必要があるからです。思いつきで喋るわけではないでしょうから、書く作業で綿密に効果を狙って、説得力を持たせた喋りをする必要があるからです。
 大体、喋るのが苦手な人が書くことで自己主張をするケースが往々にしてあるそうです。そうですよね。喋るのが嫌だから、書いて意思表示するのでしょうから。
 同郷の方の喋りですが、立て板に水のうえに、訛りが全然ありません。相当鍛えられたのでしょうね。アクセントはやはり田舎で聞く言葉に共通していますが。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月14日

親指シフトキーボードの最後の注文者でした

 会社で使用している富士通製の親指シフトキーボードが、だいぶ傷んできたと先般書きました。実はあるネットショップで数量限定で注文を受け付けていましたが、まだ大丈夫だろうとタカをくくっていたところ、HPで確認するたびに、どんどん無くなっていくではありませんか。
 そして、とうとう意を決して注文したのが最後の1台のときでした。間一髪でした。自宅のウィンドウズでももちろん親指シフトキーボード使っていますが、こちらはまだサクサクと入力できます。
 そして、実は自宅にはもう一台パソコンがあります。とても高かった初代G3マックです。そのマックも実は親指シフトキーボードなのです。リュウド製です。今は売ってないと思いますが、これも薄給の身には辛いくらいとても値がはっていたことを思い出します。こちらのキーボードもサクサク入力できます。
 親指シフトキーボードは将来、気軽に入手できなくなるのでしょうか?
 大切に使わないといけないのでしょうけど、でも、どうしても親指シフトキーボードだと入力が速くなってしまいます。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:23 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

同郷の方のブログによるとNPO法人の認可は?

 同郷の方のブログによると、NPO法人の認可はまだのようです。ただ、2カ月間の公告?期間を過ぎたとのことで、もう間もなくではないかと述べています。
 確かに、法人が立ち上がらないと本格的な活動はできませんから、催促の意味で、県庁に電話を入れてみた、とも書いています。
 活動を知らせるフォーラムの掲示板には、賛同者といいますか会員募集のお願いも書いてあります。



スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年11月10日

もう早いもので、年末進行です

 今年ももう後一月と少しですが、仕事となると結構きつい日程です。時間があるようでないのは、毎年恒例ですが、年末進行で仕事を回さなければならないので、いつもぎりぎりの展開になってしまいます。
 相手が、すんなり納得してくれるのであれば、とてもやりやすいのですが、ぎりぎりまで修正をいれてくるので、毎号、山あり谷ありの展開になっているのです。
 山場が多くて、結局、できたものはこんなものかとなってしまうのですが、当初のレイアウトの意図がまったく別物になってしまうのです。修正を単純にいれるだけなら、苦労はしないですが、当初のレイアウトの趣旨を尊重しつつ、修正をいれるという高等なテクニックは、現場になかなか伝わりにくいようです。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

同郷の方のブログが一新されていました

 同郷の方のブログが、すっかり一新されていました。かねてから、様々な試みをしているとは、ブログで語っていましたが、まさか、このように鮮やかに変わるとは思っても見ませんでした。
 凄い変わりようです。パソコンに強い方はいいですが、僕のように、途中で凝り固まってしまったり、頭の中が真っ白になってしまったり、本当にまごついて、躓いてとつとつと進めざるを得ない人間にとって、パソコンを縦横無尽に操れる人って、凄いの一語です。
 文系と理系に分けてものの例えとして言われたりしますが、文系にもよくわかるパソコンというのはないでしうかね。
 アフィリエイトで稼いでいる人で、パソコン初心者といったりしていますが、理工学部出身なんですね。そもそも、理系なので素養はあったわけです。パソコンにそんなに抵抗はないんですね。だから、すいすいと操れるんですね。うらやましい限りです。
 一字一句マニュアルと首っ引きで間違わないようにキーをいじったりしていますが、やはり何処で堂間違ったのか、マニュアルにのっている姿と自分のパソコンに映っている結果が全然違うんです。場合によってはエラー表示されて、もう一度はじめから入力してください、ですって。その瞬間、頭の中は真っ白、フリーズ状態になってしまいます。
 これで諦めてはいけないんですね。皆さん、そういう経験されて立派になられたんでしょうね。かなりの方々は。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月09日

ゆとり教育で困るのは子どもたちなのですね

 昨日、もの造り大国ニッポンにあって、ものを作らないアフィリエイターが増えるとどうなるかについて、想うところを述べさせていただいた。極端な話だとは思うが、ニッポンの原点は、やはりもの造り、ダウンサイジングに結実させる技術力、これがあってのことだと思います。
 アフィリエイターというのは、商品が売れたり、広告をクリックしてもらうことによって、手数料等がはいることですが、1億総アフィリエイターになってしまうと、もの造りの基盤が揺らいでしまいます。
 そういうことがないように、日本の将来を託せる子どもたちの教育はとても重要になってきます。
 我が家の子どもたちも、ゆとり教育の名の下、週休2日制故に、塾に通ったりしていますが、結局困るのは子どもたちなのです。僕たちが子どもの頃、週休2日制なんて考えられなかったです。祝日が入ろうものなら、嬉しくて仕方がありませんでした。塾といえば、そろばん塾などでしたね。話が古いですか。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月08日

別に気負っているわけではないですが

 別に気負っているわけではないですが、アフィリエイターって不思議な職業?と思います。職業ではないにしても、こういう概念を作り出す人って凄いと思います。こういうと、化石のような考え方をする人間と思われがちですが、一応40代のバリバリのサラリーマンです。
 仕組みを理解し、世の趨勢に乗って自分もやればいいのだと言い聞かせているのですが、途中で理解不能になってしまい、フリーズ(思考停止)してしまうのです。
 これでは本当にイカンノデスガ。もっと柔軟に、しなやかに生きていくようにしないといけないですね。もっとも、自分ではしなやかに、柔軟に生きようと、心がけているのですが、なかなかそうならないのです。
 胸襟を開いてものが言える友人が近くにいないというのも、若干問題ではありますが。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

同郷の方のブログに興味深い記事が載ってます

同郷の方のブログに興味深い記事が載ってます。インターネット利用者の年代別推移で表した図表が掲載されていたことです。30代が最も多く、次いで40代となっています。
パソコンに比較的馴染み、抵抗もなく受け入れていると思われる20代やそれ以下の年代は意外と低くなっています。
50代も結構頑張っているようです。ネットで稼いでいる方々の多くは、大体30代が多いように僕なんかは思っているのですが、二十歳代の方々も伸びて来ているようです。
そこで、常々考えているのですが、もの造り大国ニッポンにあって、アフィリエイトって、何を作り出しているのだろうかって?。物を作る人がいなくなる訳ではないでしょうが、1億総アフィリエイターとなったら、誰が物を生産するのでしょうか。
物を作る人がいて、それを買う人がいて、その間に極端なことをいえばアフィリエイターがいるのでしょう。もの造りに対する信頼といいますか、安心が揺らいで来ていますね。
せっかく作ったものでも、回収騒ぎやリコールが最近多くなっていませんか。正社員が作るのではなく、パートさんとか季節毎に働く方々がいない成り立たない部分もありますが、収益優先、効率性優先できたツケがやはり回ってきたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月07日

同郷の方のブログにある皇族の方の記事が載っていました

 同郷の方のブログに、実はある皇族の方の記事が載っていました。登山がご趣味の方なので、どなたか想像はつくかと思います。その山への登山口はいくつかあるのですが、田舎の登山口から登られたようです。過疎の町ですから、そういった情報がどのように広がったのかわかりませんが、初めて皇族の方がいらしたのですから、相当町は湧いたのではないでしょうか。
 その登山もさることながら、田舎の町には重要文化財があり、その方はそこも訪れたようです。写真入りで、ブログに掲載されています。登山だと、田舎を通過しただけと捉えてしまいますが、重要文化財を訪問されたとなると、正真正銘田舎を訪れたことになります。
 田舎の方々は誇りに思うかもしれません。今では寂れた町(合併して市になりました)ですが、その昔は城下町で、お城もあれば殿様もいた町だったのです。造り酒屋も2軒あり、歴史的にも結構表舞台に少しはでたこともあったのではないかと思います。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月06日

皆さん先へ進んでいますね

 同郷の方のブログについて、あれこれ書いてきましたが、この方は基本的に知的好奇心が旺盛なのだと思っています。行動的でもありますし、精力的に動き回っているようです。
 同郷の小学校の校歌を作曲した作曲家の足跡等を調べたり、写真に撮ったりと、本当に活動的です。実際にお会いしたわけではないのですが、ブログに掲載されているお顔を見る限り、お若い感じがします。といっても、実年齢では私よりも6〜7年先輩なのですが。それに、音声ブログを聞く限りでも、声が非常にお若く、張りのある声を出しておられます。
 活動的で行動的な方の声というのは、やはり張りがあるのですね。私の声は聞きづらいとよく言われます。それに、口をはっきり開けて喋らないから余計聞きにくいようです。
 覇気があるかどうかは、ある程度しゃべる声で判るような気がします。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

同郷の方のブログが音声の可能性について語っています

 同郷の方は複数のブログ、ホームページを運営されているようです。そのうちの2〜3を拝見しています。音声について、語っていることとが多くなっているようです。急に、音声による可能性に開眼したといいますか、気づいたことに対して、もっと可能性を追求していきたいと願っているようです。
 結構、忙しいと思うのですが、この方は平然とやってのけているようです。塾を経営しながら、田舎にフォーラムを立ち上げて、ほかにも塾関係のブログを運営されています。他にも、各地の名所旧跡を訪ね歩いては、写真う撮ってキャプションをつけて、ブログに載せています。
 この方のライフワークと言ってしまえばそれまでですが、単なる趣味ではこうは続かないと思います。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月04日

同郷の方のブログが音声に力を入れているようです

 同郷の方のブログですが、音声による配信に力を入れているようです。造詣が深いようにも見て取れます。語り口はあくまでもソフトですが、気負わず力まず、淡々と自分の思うところを述べています。
 理路整然とした語り口には、小気味よさもにじませています。自身が塾を経営されていることもあるのでしょうか。田舎の地元にある高校の80周年記念行事について触れています。祝典には国会議員も見えたとのことでした。
 私もそうですが、この方も高校は汽車通学して別の高校に通っていましたが、中高一貫教育のモデル校に上がるかもしれないことについて、田舎の活性化につながるのではないかと、この方は見ているようです。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月02日

同郷の方のブログが音声ブログが多くなっています

 同郷の方のブログを興味深く拝見させて頂いておりますが、最近の傾向として音声によるブログ(キャスピーなるもの)が多くなっているようです。どうしてのかよく分かりませんが。文章を書くより、音声の方がやりやすいとうこともあるのでしょうか。
 僕も音声によるメルマガの配信ができることを聞いたことはありましたが、特に気にも止めずにいました。なので、こんなことなのかと、いった程度の認識しかありませんでした。
 この方のブログによって、初めて音声で配信するにはMP3にしないといけないことなどを知るようになりました。この方のブログを見ているだけでとても勉強になります。いろいろ試行錯誤されているようで、さまざまなものにトライしているようです。
 僕も見習わなければと思います。この方の本業は自営業のようですが、そちらのほうでも、音声を使ったブログでフォーラムを立ち上げているようです。こちらも、暇を見つけては見てみようかななんて思っています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月01日

同郷の方のブログに触発される予感がします

 同郷の方のブログに触発されて、私も何か立ち上げてみようかなどと思っています。
 過去に海外旅行したことがありますが、その時ビデオに納めた映像などを、ホームページで紹介できたらいいな、などと思っています。最初にヨーロッパへ行ったときは、欧州統合がこれから本格化するときでした。通貨もバラバラでしたので、国を出国するとき、入国するときに通貨の両替が結構手間だった思い出があります。
 といっても、ユーロになったのはそう昔のことではありません。でも、大変でした。フラン、ポンド、ペセタ、ポルトガルはなんだっけかな。一応、余ったコインは持ち帰っているのですが、時間が経つと忘れてしまいます。
 ポルトガルでは道路工事があっちこっちでやってました。前世紀最後の万国博覧会の開催に合わせて突貫工事が行われていたのでした。
 ポルトガルで飲んだワインはとてもおいしかったです。いわゆるポートワインです。ポートワインを専門に出す国営レストランへもいきました。ケーブルカーで上に上がったところにそのお店はありました。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

同郷の方のブログがリニューアルされてます

 同郷の方のブログデザインが一新されています。今までは、割と落ち着いた感じがしていましたが、今回のは斬新な感じというのが、当たっているかもしれません。
 いろいろ、試行されている方で、それも精力的に取り組まれてきる方のようです。実際にお会いしたことはないのですが、パワフルで、バイタリティにあふれた方のようで、試みについてもいろいろ語っています。
 ホームページに音声を載せたりしています。これも、新しい試みです。
 本当にこの方は好奇心旺盛といいますか、アンテナを絶えず高く張りめぐらしています。都会にいて、絶えず田舎のことに目を向けている。情報の収集力においては、驚くばかりです。
 何でも、ズープスという新たな方法でホームページを組んでみたいと常々語っていましたが、おそらくそれに載せたのが今回のリニューアル版なのではないかと思います。
 この方の実家が、僕が小学校3年まで通っていた分校の近くにあったようです。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。