2011年04月26日

第3回社保審第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会が開催される(4月19日)

厚生労働省は4月19日、第3回社会保障審議会第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会(部会長・本田勝彦・日本たばこ産業相談役)を開催し、第3号被保険者不整合記録問題対策に関する論点について議論を進めた。主な論点と意見は次のとおり。

@3号不整合期間についてカラ期間+特別追納という措置にするか:「本人にも責任があるが制度的な責任もある」として、1号未納期間の特例納付を認め、追納しない期間はカラ期間とする抜本改善策の方向性を指示する意見が多かったが、「安易にカラ期間を設ければ、将来何か別の問題が発生した際に、また同じように対応せざるを得なくなる」(海辺委員)と慎重な意見もあった。また、山崎部会長代理は新たにカラ期間などを設けなくても25年の受給資格期間を10年に短縮すればすべて解決すると指摘し、3号不整合期間の特例として対応するのではなく、一般的な無年金・低年金対策として対処してはどうかと提案した。仮に受給資格期間を10年に短縮すれば、参議院で審議中の年金確保支援法における10年後納の規定と合わせて受給権確保が可能になる。この提案に対し岩村委員は「25年を短縮する方向性には賛成だか、この3号問題だけの議論で決めるには財政的な影響が大きすぎる。年金制度全体を通した議論が必要ではないか」と意見した。

A過去に支払われた年金の返還を求めるか:受給者への過払い分に関しては、「返還を求める」という意見でおおむね一致したが、どこまで求めるかなどで意見が分かれた。岩村委員は返還を求める事例が同時に多数発生することから、実務上の問題や返還にかかるコストを勘案し、「内払調整で対応できる範囲内で返還を求めるのが現実的だ」と指摘。費用対効果を横にらみに、必ずしも全ての返還を求めなくてもいいと主張した。一方、大山委員などからは、「過払い相当分の返還を求めるのではなく、今後支給される年金から未納保険料相当額を差し引いてはどうか」といった意見が出されたが、受給者の年金から保険料を天引きすることが論理的・技術的に可能なのか、当局が次回会合までに検討することになった。

B将来の年金額を減額するか:将来の年金額に関しては、「若い世代の年金に対する不信を強めてはいけない」とする意見が多かった。しかし、岩村委員は「多くの減額事例が発生し、多くの受給者が訴訟に持ち込む可能性がある」ことを懸念。「個々の事例ごとに当局が争わなければならず、膨大なコストがかかる」として、減額はしないほうがいいと主張した。

C3号不整合記録を訂正した者、D運用3号の取り扱いを受けた者について特例措置を適用するか:すでに不整合記録を訂正した者に対する特例措置の適用については、「まじめに訂正した者が救われないのは不公平」として同様の適用を求める意見と、「3号不整合期間がある者のみ特別扱いするべきではない」とで意見が分かれた。
運用3号の取り扱いに関しては、「国民的な感情からすれば運用3号の取り扱いを残すのは違和感がある」(本田部会長)として、通知の下でなされた裁定であっても取り消し、特例措置を適用すべきとする意見が多かったが、岩村委員は「行政が正面切って運用3号の取り扱いを実施した以上、後になって『やっぱりやめたから年金を返せ』というのは難しい」と強調。この件に関しては過去に判例から行政が敗訴する可能性もあるとして、不公平であっても運用3号の取り扱いを受けた者は変更すべきではないと主張した。

Eその他の論点:特例追納における保険料額の水準や分割納付の期間に関して、年金確保支援法の後納制度と同じ水準にすべきとする意見が出された。障害・遺族年金の受給権への影響に関しては、「慎重な対応が必要」であるとして、受給権の保護を求める意見が多かった。不整合記録の訂正により受給権が失われる障害者については、福祉的観点から特別給付金を支給することも提案された。将来に向けた再発防止策としては、健康保険組合に情報提供を求めるほか、税と社会保障の共通番号制の導入を急ぐべきとの意見もあった。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 15:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会問題

2011年04月25日

東日本大震災で第一次補正予算案を閣議決定(4月22日)

 政府は4月22日、東日本大震災の被災に対応するため、平成23年度第一次補正予算案を閣議決定した。総額は4兆153億円で、このうち厚生労働省関係は雇用調整助成金など特別会計1兆616億円を含め、1兆8407億円となった。医療保険制度の一部負担金や保険料減免の費用は864億円。これらの財政支援に関する特別立法も近く国会に提出する。
医療保険における被災者に対する一部負担金等や保険料の減免・猶予については、保険者の財政状況に応じて国が支援する。支援の枠組みは阪神淡路大震災のときと同じで、被用者保険に対しては3分の1〜全額を補助、国保には10分の8が補助され、足りない分は特別調整交付金が受けられる。補助額は一部負担金等が350億円、保険料が483億円。特例措置の期限は未定だが、今回の財政措置は23年度分となっている。
介護保険の保険料減免や利用者負担、食費・居住費などの費用は275億円。被災者への診療確保のため、仮設診療所や仮設歯科診療所、歯科巡回診療車の整備に対する補助では14億円を計上した。
医療施設等の災害復旧は、施設整備に対する補助率を2分の1から3分の2に引上げる(公的医療機関)とともに、被災した医療施設の療養環境改善に必要な施設整備を国庫補助で行う(70億円)。また、岩手県、宮城県、福島県については地域医療再生基金の交付額の上限である120億円をそれぞれ確保する。
福祉医療機構による医療施設・社会福祉施設等に対する融資では、貸付利率を一定期間無利子とし、融資率を100%とするために、利子補給のため100億円の財政支援を行う。この結果、融資額の追加は1700億円になる見込みだ。
【23年度の基礎年金凝国庫負担は2分の1、差額財源は後年度繰り入れ−3大臣合意(4月19日)】
東日本大震災関連の第一次補正予算の財源に、平成23年度の基礎年金国庫負担割合を2分の1にするための臨時財源(約2.5兆円)を転用することを踏まえ、玄葉国家戦略担当大臣・野田財務大臣・細川厚生労働大臣は4月19日、23年度の基礎年金国庫負担について合意。23年度の国庫負担割合は2分の1を維持し、3分の1(36.5%)との差額は後年度に年金財源に繰り入れることを法律上明記することになった。
合意内容は、@法律上、23年度基礎年金国庫負担割合は2分の1であることを明記する、A23年度の2分の1と36.5%との差額は、税制抜本改革により確保される財源を活用して、年金財政に繰り入れることをあわせて法制化する、の2点。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題

2011年04月24日

基礎年金財源を復興財源に充てることに細川厚生労働大臣が慎重姿勢(4月12日)

 細川厚生労働大臣は4月12日の閣議後会見で、基礎年金の国庫負担財源2.5兆円を復興財源に充てる考えについて、「復興には大変な財源が必要だと思うし、国を挙げてやっていかなくてはならないと思う。しかし、一方で年金は国民の老後の安定した生活を送るために必要な制度であり、年金の安定性が崩れて、国民生活が不安定になることは避けなければいけない」と指摘。その上で、「2.5兆円を復興の財源に回すことは慎重に検討しなければと思っている。仮にそちらに回すのであれば、例えば第2次補正とかその他の方法でしっかり手当をしてもらうのが当然だろう」と述べた。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題

2011年04月14日

第24回年金記録回復委員会が開催される(4/5)

第24回年金回復委員会(委員長=磯村元史・函館大学客員教授)が4月5日に開催され、日本年金機構が@東日本大震災への対応状況、A年金記録問題工程表・業務改善工程表・システム再構築工程表の改定、B年金記録に係るコンピュータ記録と紙台帳等の突き合わせ(紙コン)、C年金額回復の具体的事例の記録回復状況について報告しました。

@東日本大震災への対応状況……職員の人的被害はなく、被災した27カ所の年金事務所は順次復旧し、3月29日からはすべて開所。ただし、石巻年金事務所では当面の間、主に書類の受付等の作業のみを行う。仙台と水戸のコールセンター、記録突合センター計4カ所も一時閉鎖していたが、4月4日以降、フル稼働でないものの、すべての拠点で作業を再開。被災者に対する支援措置としては、4月11日より被災者フリーダイヤルを設置し、被災者からの年金相談に対応することとしています。実際に4月4日からは年金事務所等の職員が被災地で出張相談を行っています。

A年金記録問題工程表・業務改善工程表・システム再構築工程表の改定……機構は、年金記録問題工程表の改定における重点課題は、1)年金特別便の確認作業、2)紙コンの突合、3)厚生年金基金記録との突合、4)ねんきんネット。
1)は、平成22年3月以前に受け付けたもの(処理困難ケースを除く)を23年12月末、処理困難ケースを23年9月末を目途に確認する。2)は、23年5月ごろに国民年金記録との突合についてのサンプル調査結果をまとめ、24年度以降の突合作業の全体像を整理したうえで突合を希望する人からの申し出に対応する。3)は、大都市部で集中的に作業を実施する拠点を設置し、24年10月末以前に厚生年金基金等から受け付けた二次審査を24年度末までを目途に作業する。4)は、今年秋を目途に年金見込額試算や保険料納付済額の表示などの機能追加を行うほか、ねんきんネットの利用者のねんきん定期便は24年度からインターネットサービスへと移行するための準備を進める。また、24年度以降は約5000万件の未統合記録について、ねんきんネットから氏名等のあいまい検索が可能となるよう準備を進めるとしている。

業務改善工程表の改定では、サービス・業務改善コンテストで高評価を得た取り組み事例を全国展開する旨が新たに加えられた。システム再構築工程表では、年金事務所等における端末機器の更改や、機構のシステム部門組織の再編などが今回の改定内容となった。

B年金記録に係るコンピュータ記録と紙台帳等の突き合わせ……23年2月末現在の進捗状況は、審査開始件数が469万3921人。審査終了件数で機構職員が確認済みのものは104万2321人で、業者の段階で確認が済んでいるものは200万6739人。審査終了件数のうち一致件数は103万1395人(機構職員確認済み)・198万5590人(業者確認済み)で、不一致件数は2808人(機構職員確認済み)・2万1149人(業者確認済み)。年金回復見込額の累計は、年額2393万7000円で、年金回復見込額が増加する年金受給者数は1255人。1270件に通知を発送した。

機構は、昨年12月末よりも審査の体制が大規模になったことや、実際に作業にあたるスタッフの審査能力・管理能力が向上したことなどから、業者段階での確認は滞留解消が進んだとしている。
一方、機構職員の確認は業者の審査終了記録が急増したことに加え、東日本大震災の影響で作業が滞留している。この対策として,業者の要員配置を見直し、構成職員の確認作業を全件検査から抜き取り検査へ移行を進め、最終審査を行う職員を増員するとしている。

C年金額回復の具体的事例の記録回復状況……昨年4月2日から今年3月25日までに公表された「年金記録回復による年金額の増額」の500事例について、回復した記録の所在や状態を手作業で調査し、その結果を報告した。回復した記録888件(同一事例で複数の所在や状態にあったものを含む)のうちオンラインとマイクロフィルム(厚生年金紙台帳等)の記録は887件。記録の状態は、転職などによる複数手帳保有者が348件(39.2%)、旧姓名が290件(32.7%)、氏名(読み仮名)相違が151件(17.0%)、生年月日相違が74件(8.3%)で、不正確な記録の殆どがこれらの理由によるものある。

この結果を踏まえ、機構では@転職経験を有する人の記録の漏れの有無、A旧姓当時の記録の漏れの有無、B氏名の読み仮名をたびたび読み間違えられた経験の有無、の確認を本人に対し徹底するとしています。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題

2011年04月12日

不整合記録問題対策特別部会が初会合−解決への足掛かりは公平感と法的解釈で二分(4/5)

不整合記録問題対策特別部会が初会合−解決への足掛かりは公平感と法的解釈で二分(4/5)
厚生労働省の社会保障審議会は、国民年金の第3号被保険者の不整合記録問題に関する抜本改善策について検討するため、「第3号被保険者不整合記録問題対策特別部会」を設置し、4月5日に初会合を開催しました。
部会長には本田勝彦・日本たばこ産業相談役が、部会長代理には山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大学名誉教授が就任しました。冒頭の挨拶で細川厚生労働大臣は、「不整合記録問題は難しい問題だが、年金問題に対する国民の信用を獲得していかなければならない」と述べ、抜本改善策を今国会に提出する考えを表明しました。
山崎部会長代理は、「健康保険なら退職するとすぐ手続きする。国保も保険料の滞納が多いことから、年金の保険料もわかっていながら滞納していたのではないか」と述べ、「多くの人は正しく届け出て保険料を納めている。運用第3号は行政の周知徹底が十分ではなかったという判断からきているが、私は本人の責任も大きいと思う」との見解を示しました。
海辺委員は「17年以降勧奨状が送られ、手続きの必要性を知っているにもかかわらず、手続きをしてこなかった人には、一般の人と同じ対応(記録を1号に訂正し保険料納付を求めること)をしないと不公平」と主張。
これに対し岩村委員は、「勧奨状が送付されたから本人が知っているということは法的に成り立たない。行政も証明できないので、相手が知っているという前提の議論はできない」とけん制しました。
また、岩村委員は「法律上、第3号の喪失の届出は本人の義務であること、国民年金は法律上強制加入で、第1号は保険料を納めなければならないという規定から、行政は保険料を徴収することの責務が法律上課されているともいえる。その関係でいえば、未届出のまま知らなかったというのは問題がある」との認識を示した。
本田部会長は、「この問題は現在の法律の中でどう解決していくかだ。基本は、保険料を納めて給付を受けるのが原則。第3号問題を立法措置でどう国民の納得を得ていくかという点を検討していただきたい」と述べ、その際には業務監視委員会や回復委員会の意見はきっかけになるとの認識を示した。次回は4月11日に開催される予定。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題

2008年08月28日

北京オリッピックも終わりましたね

 一党独裁国家・中華人民共和国が開催した北京オリッピックも終わりました。はやくも、話題はオリンピック後の失業問題やら、中国崩壊の序曲の話題やらで賑わっています。

 これまで、世界の工場としての役割を果たしてきましたが、どうやら曲がり角に差し掛かっているようです。全土から集まってくる労働力にしても、低賃金でのこれまでのやり方がいつまでも続くとは思えません。中国共産党が北京オリンピックを成功させるために封殺してきた、あらゆる矛盾が一気に噴出する危険性もはらんでいます。

 やり方か強行的すぎたと思います。まあもともと民主的なものとは縁遠い中国のことですから、4000年の歴史はあっても、単に長いというだけのことでしょう。4000年の間に民度が成熟したとかということは、一切ありませんので、中国人が自慢する4000年とは一体なんなんでしょうかね。

 わけの分からない自慢や自己主張をするだけで、世界に通用すると思っているのでしょうか。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(2) | 社会問題

2008年01月25日

インフルエンザとうつ病と船場吉兆とUFO

朝の通勤通学時に、マスクをしたサラリーマンやOL、学生さんを多く見かけます。会社内でも、終日マスクしたOLが結構います。インフルエンザが流行っているようです。この時期、残業続きで疲労が溜まって、抵抗力が落ちた途端にかかってしまいますので、一に睡眠、二に睡眠、三、四に栄養のある食べ物を食べて、抵抗力を付けておきたいものです。会社内のOLがマスクをしているのは、予防のためというのがその理由です。誰でも、風やインフルエンザにはかかりたくないものです。

一番腹が立つのは、満員電車でくしゃみをする輩。飛沫が全車両に拡散してしまうではないか、と内心思ってしまいます。お互いに、配慮したいものです。咳が出始めたらマスクして、人に移さないのが礼儀です。

日本人にうつ病が流行り始めたのは、やはり年功序列が崩れ、個人主義や能力主義、実力主義という、アングロサクソンお得意のグローバルスタンダードを、日本に持ち込んでからではないかと、内心思っているものです。小泉改革がさらに拍車をかけたともいえます。護送船団方式がいいとは必ずしも思っていないが、日本式を全部否定してしまっても良いのだろうか。ちなみに、昨年入社した学生たちへのアンケートでは、半数近くが終身雇用を望んでいるという。原点回帰ではないだろうが、終身雇用は日本式の最たる雇用体系だったはず。若い人たちが、それを望んでいるとは何とも皮肉なことではないでしょうか。

懲りない偽装を続けていた、船場吉兆。あの女社長は相当なワルとみた。知らずに持ち上げたグルメ評論家は、全員頭を丸めるべきではないか。営業再開するようだが、徹底的に初心に戻らなければ、お客は戻ってこないと思います。謝罪会見でも、本当に幼稚園児の学芸会ではあるまいし、いちいち母親のいうことをおうむ返しのように、しゃべる息子も息子だ。あの一族はもはや駄目だしをしないといけないと思う。

降って湧いたUFO談義。防衛省としては、制空権を握らなければならないので、緊急出動は十分あり得る話し。話は変わるが、友人にUFO研究家で社会保険労務士がいる。いまでも、たま出版から本を出版しているようで、彼は十分に確信を持って実在を信じている。学生のときからの友人なので、おいらもいると信じている。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題

2008年01月24日

篤姫と北京五輪とオシム監督とサブプライムローン問題と日銀ダーティ総裁

 宮崎あおい主演の篤姫。世間では視聴率がイマイチとか言われているが、そんなに期待されての起用だったのか疑問があります。話題性だけで、宮崎あおいを抜擢したのだろうか。風林火山は確かに面白かった。日本人はやはり戦国時代ものが好きなのであろう。幕末ものは、あまり視聴率が稼げないといういわれがあるようだ。

 8月に迫った北京オリンピック。その前に、経済が持つのかと懸念されている。中共が何とか下支えに狂奔するだろうが、ファンダメンタルズだって、不安定な共産国家に株価下落が追い打ちをかけるのは必至。オリッピックが終わったら、国家がガタガタになるのではとエコノミスト連中からは言われている。不良外国人の輸出国だから困ったものだ。

 サッカー全日本代表のオシム監督が息を吹き返したとか。集中治療室に入ったときは、さすがに治療するだけして、最後は家族に任せるようなニュアンスの記事が流れたが、意識もハッキリし、岡田監督はつなぎではなく単なる代理と言っているようで、見る方としてはオシムサッカーのほうが、ワールドカップ予選通過は当然として、本大会でも上位に食い込むのではないかと期待感が持たせるように思うのだが。岡田監督は、カズこと三浦和良のときに味噌をつけた。カズも髪を金髪に染めたりして、調子に乗ったが、一応最後まで見たかった。

 景気の足を引っ張っているサブプライムローン問題。そもそも、問題の発端は、アメリカの低所得者に高利のカネを貸し付けたことに問題がある。審査も不十分で、住宅があるからといって、貸し込むなんざ、やはりいい加減のそしりを免れないと思うが。
 そのサブプライムローンを証券化して、金融商品にして売ったことが、全世界をパニックにと陥れた要因なのでしょう。アメリカ国民の享楽的な消費生活を支えるために、借金大国日本がせっせとカネを運んでいたというのだからと、アングロサクソンとか、グローバルスタンダードなどという、横文字に騙されてはいけません。
 中国はアメリカの国債売却を脅しに使おうとしているが、日本は腰砕けなので、間違ってもそんなことはおくびにもださない。本当に、日本は舐められっぱなしの国になってしまった。生活にあえいでいる国民がいるというのに。日銀のダーティな総裁は、利上げを虎視眈々と狙っているという。経済を知らない奴を総裁にし、国会同意人事ってなんだろう。今まで、形式的に自民党が同意していたから、問題が表面化支那かったのだろうが、よく考えてみたら、国民の不利益になる人事を自民党は平気でやってきたんですね。
 
 年金も百年安心とかふざけたことを僅か3〜4年前に平気で言っていた与党もあったんです。亡国政党はハッキリ言って、無くなってほしいの一言です。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題

2007年03月22日

従軍慰安婦と西武ライオンズと金属窃盗と松岡利勝

何故か今、アメリカでは従軍慰安婦問題がボッ発した。反日団体の画策によるものだというが、煽られて担がれているのが日系の政治屋さんだという。まったく、何を考えているのか。保身のためか。その前にやることがあるだろう。アメリカ議会で、原爆投下とその惨状をヤンキーに知らしめることが、出自である日系人としての職責なのではないか。いや、かの国にいるのは顔は日系人であっても、考え方や生活習慣はネイチャーのアメリカ人なのだろう。
しかし、今頃煽っている当たり、北朝鮮の罠がそこかしこに見え隠れするようだ。反日ではどうしても煽っておきたいのだろう。すねもの国家、中国と北朝鮮がやりそうなことだ。
西武ライオンズの裏金問題。一時の巨人のようなことをやっている。堤さんがオーナーをしていた頃の常勝チームであり続けるには、どうしても有望株を押さえておきたかったのだろう。が西部も上から下までダーティだったということか。堤から傘下の球団まで。どこまで明らかになるかはわからないが、口裏合わせまでやっていたという。相当根が深いし、悪質だという第一印象がある。
いくら希少金属の国際価格が高騰しているからといって、公園の滑り台や道路の側溝に蓋している金属蓋まで持っていくのは盗人の風上にもおけないのではないか。あらかたは、中国へ持っていかれるのだろう。中国の国際資源アサリがなりふり構わずの様相を呈してきた。中国のえらい方がロシアを訪問するという。石油資源を確保しにいくのだろう。国内では暴動と不合理と汚職が蔓延している中国。北京オリンピック後には、空恐ろしいことが待っているような気がする。
ダーティなイメージがウリ?の松岡利勝。利権には聡く、道路族かと思えば牛肉問題など農水関係でも幅を聞かせている族議員だ。安倍が間違って入閣させてしまった。歩くスキャンダル男を大臣に任命してしまった。それこそ、身体検査などしないで任命してしまった。後には引けない安倍。説明もしないでただ同然の事務諸費をフトコロに入れてしまった。その金はどこへ行ったのか。金に汚い政治屋がこれほど多いとは。日本は本当に民主国家なのか。社会主義国家ではないのか。中国や北朝鮮を笑えないかも。人権問題で拉致問題を世界に向けてアピールしているが、政治屋のやっている不透明なマツリゴトでは、一向に埒(らち)が空かないのではないか。
安倍に政権を渡してしまったのは間違いではなかったのか。小泉がやったことは、政治のワイドショーだ。ハゲタカ外資に身も心も何の躊躇もなく売れる、小泉、竹平(竹中平蔵)コンビが美しい日本をおかしくしてしまった。小泉と竹中を証人喚問してほしい。

スポンサードリンク

posted by イチカワライゾー at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。